大暑

大暑の候の時期や意味とは。使い方・結びの文例をご紹介!

大暑の候

大暑の候
時候の挨拶として「大暑の候(たいしょのこう) 」を使おうと思ったけど、意味や使うのにふさわしい時期について気になる方もいるのではないでしょうか。

大暑」とは、「夏の一番暑い時期」という意味があり、「二十四節気」の一つでもあります。

「二十四節気」とは、日本の季節を24種類に分けた表現方法のこと。夏に関わる「二十四節気」は他にも、「立夏」「小満」「芒種」「夏至」「小暑」があります。

「大暑の候」には時候のあいさつで使用するのにふさわしい時期というのがあり、いつからいつまで使用できるかを確認しておかないと、間違った使い方になる事に。

7月、8月に時候の挨拶で「大暑の候」を使う場合は、特に注意が必要です。

ここでは、「大暑の候」の意味や使う時期はいつからいつまでか。また、使い方や結びの文例についてご紹介したいと思います。



大暑の候の意味とは


冒頭でも紹介しましたが、「大暑」とは「夏の暑さが一番厳しい時期」という意味があります。

また、時候の挨拶で使われる「○○の候」とは「○○のこう」と読み、「~の季節になってきましたが」という意味になります。

すなわち「大暑の候」とは、「夏の暑さが一番厳しい季節になってきましたが」という意味です。

この「大暑の候」という表現は、堅く形式ばった表現のためビジネスなどの公用や目上の方へ手紙やはがきを出す場合に適していると言えます。

個人で親しい相手に出す場合は、「大暑の候」を「暑さが厳しい今日この頃ですが」など言い換えたほうが形式ばらず、よそよそしさを感じさせないためオススメです。


大暑の候を使用する時期は?


「大暑の候」を使用する時期ですが、今年の場合で言えば「2017年7月23日(大暑)~2017年8月6日 (立秋の前日 )」までとなります。

上記でも示したように、「大暑の候」を使用する期間は、「大暑~立秋の前日」まで。暑中見舞いの時期(2017年7月7日(小暑)~2017年8月6日 (立秋の前日 ))と重なるので、暑中見舞いの季節の挨拶としてちょうど良いですね。

なお、立秋(2017年8月7日)を過ぎると暑中見舞いから残暑見舞いに変わりますので、時候の挨拶も「大暑の候」から「立秋の候」に変更となるのでご注意ください。


大暑の候の使い方と結びの文例


「大暑の侯」は、季節の挨拶としては堅苦しい表現となりますので、「大暑の候」の文例はビジネスを想定して作成しております。

また、「大暑の侯」の後に続く文は、相手を気遣う気持ちを表現することが一般的です。

結びとしては、相手の健康や無事、繁栄や発展などを願う気持ちで締めると良いでしょう。

個人で暑中見舞いを出す場合は、「大暑の候」を他の言葉に言い換えて時候のあいさつと結びの文例を作成いたしました。


「大暑の候」の時候の挨拶 冒頭 文例(ビジネス用)


拝啓 大暑の候 ますます ご清祥のこととお慶び申し上げます。

拝啓  大暑の候 貴社ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。

拝啓  大暑の候 貴社にはますますご盛業のこととお慶び申し上げます。


「大暑の候」の結び 文例(ビジネス用)


ますますのご発展を祈念いたしております。 敬具

ご健勝にて夏を乗り越えられますよう、お祈り申し上げます。 敬具

皆様のご多幸を心よりお祈り申し上げます。 敬具


「大暑の候」の時候の挨拶 冒頭 言い換え 文例(個人用)


連日厳しい暑さが続いていますが、お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか。

暑さ厳しい折、いかがお過ごしでしょうか?

夏の太陽がまぶしい日々となりましが、皆さまにおかれましては、いかがお過ごしでしょうか。


「大暑の候」の結び 文例(個人用)


厳しい暑さが続きますが、くれぐれもご自愛ください。

猛暑が続いておりますので、体調にはお気をつけください。

連日の熱帯夜、どうかお体にお気をつけください。


まとめ


「大暑の候(たいしょのこう)」の意味は「夏の暑さが一番厳しい季節になってきましたが 」でした。

暑中見舞いに時候の挨拶を盛り込んで、相手を気遣いながら近況を伝えるという日本の伝統は素晴らしいものだと改めて感じました。

「大暑の候」の意味や時期、使い方を確認することで、日本の文化を見直すきっかけになれば素敵ですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。