大暑

大暑2017はいつ?意味や暑さを乗り切る食べ物・方法とは

大暑

大暑
夏の季節を表す「大暑(たいしょ)」と聞いて、あれ?いつだっけ?と思う方も多いのではないでしょうか。

今年の大暑は、2017年7月23日 日曜日です。

夏の季節を表す「夏至」は聞いたことがあるけど、「大暑」ってあまり聞き馴染みがないですよね。

「大暑」にはどんな意味があって、この時期の暑さを乗り切るための食べ物や方法などについてまとめてみましたので、ご紹介したいと思います。



大暑(たいしょ)の意味とは


大暑とは、「二十四節気」という1年間24種類に分けて表現した季節のうちの一つにあたります。

大暑の意味ですが、3つに分けて説明していきます。

大暑=特定の日を指す意味


大暑はいつ?という事で、今年は2017年7月23日であるという事は既にご紹介いたしました。

暦のうえで、大暑の日というのは決められています。

これが大暑の1つ目の意味。すなわち、「特定の日を指す」という意味というか役割ですね。

大暑=特定の期間を表す意味


大暑には、特定の一日だけでなく、一定の期間を指す意味もあるんです。

それが、大暑(7月23日)~立秋の前日(8月6日)までの期間を「大暑」と表します。

季節の挨拶は「二十四節気」を基準にしているため、暑中見舞いで言えば「小暑 (2017年7月7日)~大暑(立秋の前日(8月6日)) まで」とされています。

(関連記事 残暑見舞いの時期を過ぎた!?9月に出す返事の書き方と例文をご紹介 )

大暑の言葉の意味


大暑の意味ですが、漢字から想像がつくかもしれませんが「大きい」「暑い」で、「夏の暑さがもっとも厳しい時期」という意味を表しています。

とはいえ、大暑の時期を考えると実際の季節と多少のずれを感じたりするかもしれませんね。

これは、「二十四節気」が中国で考案された季節の表現方法のため、日本で使用すると多少の季節的なズレが生じてしまうためなんです。

大暑を乗り切る食べ物や方法について


大暑は「一年で一番暑さがきびしくなる時期」という意味がありましたが、夏の暑さに負けて夏バテを起こしやすい時期でもあります。

食べ物や運動、睡眠などを気を付ける事で、大暑の暑さ厳しい時期を乗り越えたいものですね。

そこで、大暑におすすめの食べ物や夏バテの予防方法など大暑を乗り切る方法についてご紹介していきます。


大暑を乗り切る食べ物とは


大暑の暑さを乗り切るためには、エネルギーの代謝を助け疲労回復に効果があるとされるビタミンB群を豊富に含んだ食材がおすすめです。

そこで、おすすの食べ物が「うなぎ」です。

今年の土用の丑の日が「2017年7月25日」と「2017年8月6日」の2回あり、ちょうど大暑にぴったりですね。

ウナギには夏バテに効く栄養素が数多く含まれており、疲労回復に効く「ビタミンB群」や目の働きをよくするとされる「ビタミンA」も豊富。カルシウムを吸収するのに必要な「ビタミンD」や抗酸化作用のある「ビタミンE」、DHAにEPAと体に必要な栄養素を多く摂取できるところがすばらしいですね。

土用の丑の日には、お食事処だけでなくスーパーやコンビニなども力を入れて販売してきますので、手に入れやすい環境が整っているところも魅力です。

また、トマトやカボチャ、ピーマンなどの夏野菜も一緒に食べれば、汗を書くことによって失われるビタミンやミネラルも補う事ができ、栄養バランスも整うので夏バテ予防の効果が更に高まります。

早め・こまめな水分補給


夏の汗の量には注意が必要です。のどの渇きを覚えた時点では遅いかも。

「早めに」「こまめに」水分補給をする事が大切です。子供やお年寄りには特に「早めに」「こまめに」を合言葉に水分補給する事をすすめていきましょう。

そして、大量の汗をかいた場合は塩分も汗と一緒に失われてしまいます。

そういったときの水分補給には、経口補水液やスポーツドリンクの方が最適です。熱中症対策として適度に塩分補給をすることも忘れずに。

ただし、ビールなどアルコール類では水分補給にはなりません。また、夏の炭酸飲料はおいしいですが、糖分が多く入っていますので、飲み過ぎにはくれぐれも注意してくださいね。

夏バテを防ぐ効果的な運動方法


夏バテを防ぐのに運動って必要なの?って思いますよね。

でも、必要なんです。人は汗をかくことによって体温調節をしていますが、運動をしていないと汗を出す機能が低下してしまうんですね。

そこで、日差しの強い時間帯は避けて早朝や夕方以降に20~30分程度のウォーキングをする事によって、汗をかく能力を向上させることが出来るんです。

汗をかく機能の向上により自分自身での体温調整能力が向上しますので、ウォーキング 棟の軽い運動は夏バテの予防に効果があると言われています。

睡眠の質を上げる方法


夏の暑さで眠れない・・という経験、誰しも一度はあるのではないでしょうか。
睡眠の質が低下すると、体の疲れが取れず疲労の蓄積や精神的にもつらくなってきますよね。

そこで、睡眠の質を上げる方法をご紹介いたします。

室温は28度前後が適温とされています。そして、湿度は50~60%程度。夏場に部屋が暑くてジメジメしていると寝苦しく、気持ちの悪さも感じてしまうため、適度の部屋を冷やし室内がじめじめした環境にならないように調整しておくことが大切です。

寝るときにタイマーで1~2時間で切れるようにエアコンや扇風機を付けて寝るのも効果的です。

ただし、直接風が体に当たりすぎないように注意する必要はあります。

また、夏場には通気性の良い天然素材(麻、イグサなど)の寝具を使うと、熱の放出にもつながり睡眠を助けてくれる効果が期待できます。

大暑の暑さで夏バテしないためにも睡眠はとても大切な夏バテ予防です。

まとめ


大暑(たいしょ)という言葉自体は聞き馴染みがありませんが、大暑は私たちにとても密接にかかわる季節だという事がお分かりいただけたのではないでしょうか。

大暑とは「夏の暑さが一番厳しい時期」です。

暑さに負けないよう夏バテ予防にも積極的に取り組んでいきたいものですね。


■ 二十四節気の関連記事

立秋(2017)はいつ?意味や旬の食べ物まで関連情報をまとめて紹介