生活の知恵

発砲スチロールは何ゴミとして分別して捨てるの?地域で全然違う!

発砲スチロール

発砲スチロール

家電製品を新しく買うと必ずと言っていい程、梱包材に発砲スチロールが使われていて処分の方法に困ってしまいますよね。

昔、住んでいた地域では「燃えるゴミ」として捨てていたのですが、今住んでいる地域だと「その他プラスチック」というゴミの分別となり、燃えないゴミ扱いに区分されていました。一体何が正しいのか分からなかったため、調べてみましたので、ご紹介いたします。



発砲スチロールは何ゴミとして分別して捨てればいいの?


結論から申し上げますと、発砲スチロールはお住まいの地域によって何ゴミに分別されるかは違ってきますので、市町村のホームページで確認するのが一番です

私も以前住んでいたところでは「燃えるゴミ」に分別されていたのに、今住んでいるところでは「燃えないゴミ」として分別されていたので戸惑いました。

その原因はなぜなのか?

実は、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」が原因なのです。

この法律には、「各市町村においてゴミの一般廃棄物処理計画を定めること」と定められており、各市町村ごとにゴミ処理計画を策定しているために、ゴミ分別のルールがバラバラになる事態が発生しているのです。

とは言っても、ゴミ出しのルールはお住まいの地域に合わせて守らなければなりません。その中でも、発砲スチロールは何ゴミとして分別していいか分かりにくものの一つです。

お住いの市町村のホームページには、ゴミ取集に関する情報は必ずと言っていいほど掲載されています

そこで、確認するのが一番正確な情報となりますので、発砲スチロールを捨てる前に一度確認することをおすすめいたします。


発砲スチロールをゴミとして出す場合に注意すべき点とは


発砲スチロールをゴミとして分別するのは地域によって全然違う事をお伝えしましたが、これからお伝えすることは多くの自治体で共通している事で、ゴミを出す前にやっておくことをまとめました。

発砲スチロールの汚れを取っておく


多くの自治体で推奨している事として、発砲スチロールを捨てる前に汚れがある場合は、汚れをきちんと落としておく事です。ゴミ出しのルールとして記載がされている自治体が多いですので、汚れを落とせる場合は事前にきれいにしておきましょう。

汚れを落とせない場合、ゴミの分別が変わる自治体もあります

千葉県松戸市の場合、発砲スチロールは通常「リサイクルするプラスチック」でゴミとして出しますが、汚れが落ちない場合は「その他のプラスチックなどのごみ」で出すと決められています。

ちなみに、千葉県松戸市の場合はごみ分別アプリ「さんあ~る」というものがあって便利ですよ。

発砲スチロールを回収しているリサイクルボックスがお店にないか確認してみる


魚や肉など販売するときに使用されているトレイも発砲スチロールで、お店によっては資源回収をしている所が結構あります。

多いのはスーパー。自分がよく行くスーパーなどで発砲スチロールを回収するリサイクボックスがないか確認することをおすすめいたします

ゴミの減量化にもなりますし、ゴミの捨て方の悩みが解消する場合もあるかもしれませんからね。他にも、電池や牛乳パック・ダンボールの回収なども合わせてやっている場合もありますのでチェックすると良いでしょう。


大きい発砲スチロールは細かくするか、ゴミの出し方を確認


発砲スチロールを梱包材として利用されていた場合は、大きいものもあったりしますよね。ゴミの分別方法として、「大きさ」も関わってくる場合があります。

これも自治体によって処分の方法が変わってきますが、多くの場合は小さくすると通常の発砲スチロールのゴミの分別方法は変わらずに捨てる事が出来ます。

大きさを小さく出来ない場合は、ゴミの分別が変わる場合もあるので必ず自治体のゴミ分別方法を確認しましょう。

秋田市の場合、通常は「家庭ごみ」として捨てる事が出来ますが、大きさが「50cm超」の場合は「粗大ゴミ」に分別方法が変わります。同様の事が他の自治体でも起こる可能性があるので、大きい発砲スチロールを捨てたい場合は必ず確認しておきましょう。

不用品回収業者は利用しない


よく発砲スチロールの捨て方として「不用品回収業者に依頼する」ことを紹介している情報を見かけますが、個人の場合はオススメしません。

個人で出る発砲スチロールの量であれば、自治体のゴミ出しルールを確認してゴミ取集日に出した方がよっぽど簡単です。

安易に不用品回収業者に依頼すると無駄にお金を取られるだけ。それなら、ゴミとして出すかリサイクルボックスに持ち込んだ方が遥かに有益です。


まとめ


発砲スチロールのゴミの分別方法が違うのは、廃棄物の処理及び清掃に関する法律に基づいて各市町村でゴミの処理計画を策定していることが原因でした。

ゴミの分別方法も「郷に入っては郷に従え」が基本なんですね。まずは、自治体のゴミ分別方法を確認するようにしましょう。そして、リサイクルボックスもうまく活用しながら、ゴミの減量に取り組みたいものです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。