雑学

誰でもできる笑顔のコツ!接客や男性でも簡単に出来るようになります!

笑顔

笑顔
某世界展開する小売業の店長として働いていた時、スタッフ教育の一環として接客研修に力を入れていました。その小売業チェーンではあらゆる事がマニュアル化されており、接客指導の中で「笑顔の作り方」もマニュアル化済みです。

よく笑顔は「口角を上げて、口を「い」の口にすると良い」とか「目も笑う事を意識して」などのように指導することが多いです。実際に、私が働いていた店舗マニュアルにも「笑顔のつくり方」として同様の事を指導するよう書かれていました。

ですが、これは間違いです!

笑顔が出来るようになるのではなく、「笑顔のようなを顔を作る筋肉の使い方」を教えているにすぎません。色々なスタッフを教えていて気付きました。これじゃ、笑顔が苦手なスタッフは余計苦しくなります。決して、笑顔が上手になりません。

では、どうしたら良いのか。男性でも、接客で緊張した状態の人でも、「誰でも出来る笑顔のコツ」をご紹介いたします。



なぜ、口角を上げるなどのトレーニングでは笑顔が上達しないのか

不自然な笑顔
笑顔のトレーニングとして一般的に行われていることとしては、

  • 「い」の口で「イ~~~~~!」と言葉を発しながら、口角を上げてその状態をキープする。
  • 目を思いっきり大きく開けて、目の力を軽く抜いてやさしい目元を作る
  • 割り箸を噛んて、強制的に口角を上げる感覚をつかむ

  • 等があります。私もやったことはもちろんあります。

    一般的に笑顔を作るコツとされますが、一体これの何が問題なのでしょうか。

    これらのトレーニングはあくまで顔の表情筋を鍛えているにすぎません。笑顔は顔の筋肉を使いますので、長く表情をキープするのには役に立つかもしれません。

    ですが、笑顔が苦手な人がこのトレーニングをやっても出来上がるのは「引きつった不自然な笑顔」だけです。やっている本人がの方がよく分かっているはずです。不自然に作らされた笑顔に。

    こういう顔の表情筋にフォーカスした笑顔の練習には、一番重要な部分が欠落しているため笑顔が身につかないのです。

    誰でも出来る笑顔のコツとは


    では、一体どうすれば笑顔が出来るようになるのでしょうか。それは、以下の2つを教えるだけで解決します。
    1. 笑顔は誰でも出来る事を理解してもらう
    2. 自然な笑顔が出せる気持ちの作り方を教える

    1.笑顔は誰でも出来る事を理解してもらう。

    笑顔2
    笑顔は誰でも簡単に出来ます。まずは、この事を理解してもらう事から始めます。

    質問です。「あなたは笑ったことがあるでしょうか?」

    回答がYESなら、合格です。間違いなく笑顔を作る事が出来るようになります。

    次に、質問です。「どんな笑顔が理想だと思いますか?」

    「誰が見ても笑顔と分かるような感じ」だとか「本当に楽しそうな笑顔」などなど。答えは色々あると思います。

    私が考える理想の笑顔とは、「あなたが自然に心からでる笑顔が、理想の笑顔です」と必ず伝えます。

    どんな人でも、笑ったことがあると思いますし、「自然に出る笑顔」は「表情筋のトレーニングによって作られた笑顔」よりはるかに素敵である事に気が付きました。

    接客する場面では笑顔での応対はとても大切です。その時にしてほしい笑顔は「作られた笑顔」ではなく「あなたの自然な心からの笑顔」です。

    人は誰でも心から出る笑顔を普段からしているはず。ですから、その自然な笑顔を引き出す心の持ち方を教えていく事の方が重要なのです。


    2.自然な笑顔を出せる気持ちの作り方を教える

    笑顔3
    普段している自然な笑顔でいい」と伝えると、意外と安心する人が多いです。それは既に出来る事だし、普段からしている事だから。

    「口角を上げて、「い」の口で・・」なんて伝えて練習させるよりも、よっぼど効果があります。

    あとは普段の接客の場面などの時に、「自然な心からの笑顔」をどう出してもらうかが問題になってきます。そこで、重要なのは心の持ち方です。

    自然な心からの笑顔が出るときの、具体的な状況をイメージしてもらう事が次のステップとなります。

    自然な心からの笑顔が出る場面として、


    ・自分の親しい人・大切な人と久しぶりに再会して、おもてなしをする時に自然な笑顔になりませんか?

    ・大好きな人が自分のした事で、とても喜んでくれたら自然に笑顔になりませんか?



    等のように、「自分にとって大切な人」におもてなしをする時の気持ちをイメージしてもらいます。その時の感情や気持ちを、お客様の前でも同じ気持ちで接するように伝えます。

    とは言っても、「自分の大切な人」と「お客様」は違います。

    だから、気持ちの作り方としては「お客様を好きになる。人を好きになる。自分にとって大切な人であると思う。そうすることで、自然な笑顔がより出やすくなる」ことを理解してもらいます。


    まとめ


    笑顔の筋肉トレーニングやただ笑顔をしてくださいと伝えても出来るようにはなりません。それよりも、普段の自然な笑顔が出るような気持ちの作り方を教えたほうが遥かに笑顔が出来るようになります

    笑顔はプラスの感情からでるもの。プラスの感情を様々な場面で自分で作り出せるようになれば、笑顔は誰でも出来るようになります。

    そして、笑顔が増えれば表情筋は自然に鍛えられて、更に笑顔が出やすくなります。表情筋は顔のたるみにも効果があるため、見た目の若さにもつながるので本当にオススメです。

    自然な笑顔が出来るようになれば、表情筋のトレーニングはとても有効だと思います。そのためにも、理想の笑顔と気持ちの作り方を理解して自然な笑顔が出来るようなる事を最初の目標にしましょう。

    男性でも、接客の場面でも誰でもこれで簡単に笑顔が出来るようになりました。というか、出来る事をやってもらうだけなので当然といえば、当然ですが。(笑)

    笑顔は難しくありません。普段の生活で自然に出る笑顔、それが一番理想の笑顔です

    最後までお読みいただきありがとうございました。