立秋

立秋(2017)はいつ?意味や旬の食べ物まで関連情報をまとめて紹介

立秋

立秋yunjeong / Pixabay


今年の立秋(りっしゅう)はいつでしょうか。

それは、2017年8月7日(月)です。

暦の上では秋の始まりとなりますが、実際の季節はというとまだまだ暑さが厳しい時期ですよね。

では、立秋とはどんな意味があるのでしょうか?

立秋の時期についての復習と合わせて、立秋の意味や由来、旬の食べ物など様々な情報についてご紹介したいと思います。



立秋2017はいつ?


今年の立秋は 2017年8月7日 月曜日 です。

立秋とは


立秋とは、暦のうえでは季節が夏から秋へと移り変わる日です。

この「立秋」という季節の言い方は、1年間の季節を24種類に分けて表現した「二十四節気」のうちの一つです。

「二十四節気」とは、1年間の太陽の黄道上の位置(太陽黄経)によって、季節を24種類に分けて表した方法の事で、以下のように太陽の角度によって、「二十四節気」での季節が決まり、実際の暦の日付が決まっています。

日付    二十四節気   太陽黄経
1月5日   小寒      285°
1月20日   大寒      300°
2月4日   立春      315°
2月18日   雨水      330°
3月5日   啓蟄      345°
3月20日   春分      0°
4月4日   清明      15°
4月20日   穀雨      30°
5月5日   立夏      45°
5月21日   小満      60°
6月5日   芒種      75°
6月21日   夏至      90°
7月7日   小暑      105°
7月23日   大暑      120°
8月7日   立秋      135°
8月23日   処暑      150°
9月7日   白露      165°
9月23日   秋分      180°
10月8日   寒露      195°
10月23日  霜降      210°
11月7日   立冬      225°
11月22日  小雪      240°
12月7日   大雪      255°
12月22日  冬至      270°

太陽の角度によって「二十四節気」の日にちが決まるため、年によって1日程度のズレが発生する場合もあるので、ご注意ください。

ちなみに、上記は2017年の「二十四節気」です。

「立秋」とはいえ、実際の気候状況と比べると秋とは思えないくらい暑いですよね。

それには、原因があるのです。

「二十四節気」は暦と季節のズレを修正するために中国で考案されたもので、江戸時代ごろから日本でも使用するようになりました。

しかし、日本の季節には合わない部分も出てきてしまいました。そのため、「二十四節気」 を補足する季節の表現方法として「彼岸」や「節分」などの「雑節」と呼ばれる季節の表現方法が考案されました。


立秋の意味


立秋は「秋の始まり」を意味していますが、それ以外にも期間を表す意味があります。

「二十四節気」では、「立秋」の次が「処暑(しょしょ)」ですので、「立秋」が立秋~処暑の前日までの期間を意味する場合もあります

また、日本では季節の挨拶を手紙やはがきで出す風習がございますが、夏の時期に出す「暑中見舞い」は立秋の前日まで。

立秋以降は「残暑見舞い」として出すのがマナーとされ、季節の手紙の基準としても用いられています。

(関連記事 残暑見舞いの時期を過ぎた!?9月に出す返事の書き方と例文をご紹介


立秋のを更に3につ分けた季節の表現方法とは


立秋を更に3つの季節に分けた表現方法があるのを知っていますでしょうか?

七十二候(しちじゅうにこう)」という季節の表現方法で、「二十四節気」で表現した季節を、更に3つ(初候・次候・末候)に分けて季節を表現しました。

二十四節気×3つ=72種類。という事で、「七十二候(しちじゅうにこう)」なんですね。

立秋を「七十二候」で表現すると、以下の3つに分けられます。

涼風至(すずかぜいたる)


初候。8月7~11日頃の期間。

涼風至とは、涼しい風が吹き始める時期という意味。

寒蝉鳴(ひぐらしなく)


次侯。8月12~16日頃の期間。

寒蝉鳴とは、蝉(ひぐらし)が泣き始めるころという意味。
ひぐらしとはセミの一種であることから、この時期によく聞く虫の鳴き声と合っていますね。

蒙霧升降(ふかききりまとう)


末侯。8月17~22日頃の期間。

蒙霧升降とは、深い霧が立ちこめるという意味。

立秋の食べ物として最適なものは?


野菜
暦としては秋ですが、立秋の時期は夏バテが気になる時でもありますよね。

そこで、立秋の食べ物としてオススメした夏バテに利く旬の食材をご紹介していきます。

枝豆


ビタミンB1が豊富な枝前は、夏バテにも利く旬な食材です。

ビタミンB1が不足するとエネルギーを作り出すことが出来ず、疲労が蓄積されて夏バテを起こしてしまいます。

その点、枝前は手軽に食べられる食材としてもおすすめです。

トマト


トマトも夏バテに効く食材としてオススメです。

トマトに含まれるビタミンは自律神経を調整し、ストレス軽減に一役買う効果が期待できます。

また、トマトのβカロテンは免疫力にも作用して、夏風邪の予防も助けてくれることでしょう。

まとめ


今年の立秋は2017年8月7日月曜日です。

立秋とは言っても、季節の表現は様々ですし、色々な意味があるものですね。

暦としては秋に突入ですが、夏の暑さに負けないように旬の食材を食べて夏バテに負けないようにしていきたいものです。

最後までお読みいただきありがとうございました。