お盆

新盆見舞いとは?時期や金額・相場など基本のマナーについて

提灯

お盆の時期が近づき「新盆見舞い」について、基本的な内容やマナーを確認しておきたいと思う方も多いのではないでしょうか。

故人の四十九日の法要が終わり忌明けしてから初めて迎えるお盆、それが「新盆(にいぼん)」です。

故人への想いを伝えるとともに、「新盆見舞い」でも故人を偲ぶ気持ちが伝わるはず。

ご供養の気持ちを届けるためにも、「新盆見舞い」に関する基本的な事柄をまとめてました。

新盆見舞いとは

新盆見舞いとは、新盆に故人の霊が初めて家に帰ってくることから、親戚や生前親交のあった知人などを招いて通常よりも手厚く行われる新盆法要にお供えするものを指します。

新盆見舞いの時期について

地域によって、お盆の時期に違いがございます。

・東京を中心した一部地域 7月13~16日

・その他大多数の地域   8月13~16日

「新盆法要」の案内が届いているようでしたら、案内日で良いでしょう。

特別案内がない場合は、お盆の時期に食事の時間帯は避けて「新盆見舞い」を持参してお伺いすると良いでしょう。

新盆はたくさんの方が訪れますので、事前にお伺いする日時を伝えておくと良いと思います。

持参できず郵送する場合は、遅くとも新盆の前日か2~3日前までには到着するように送ります。

故人が亡くなられてから初めてのお盆が忌明けまえであれば、「翌年のお盆が新盆」となります。

スポンサーリンク






新盆見舞金の相場について

親・兄弟の新盆法要に招かれている場合は1~2万円が相場と言われています。

夫婦で参加する場合は二人で2~3万が相場です。

家族の新盆見舞いの場合は施主に意向を確認しておくのも良いかと思います。

祖父母や親戚の新盆見舞金の相場は5000~1万円が一般的。

友人・知人であれば3000~5000円程度が相場と言われています。

新盆見舞金の表書きは?

新盆見舞金は不祝儀袋に包みます。

新盆見舞金を包んだ不祝儀袋の表書きは 「御仏前」または「御供物料」となります。

新盆見舞いに盆提灯を贈る事から、盆提灯の代わりとしての意味で「御提灯料」と書いても問題ありません。

新盆見舞金を不祝儀袋に入れるときの注意点は?

お金は新札ではないものを用意するのがマナーです。

どうしても新札しかない場合は、あえて新札に折り目をつけてから包むようにしましょう。

中袋にお札を入れるときは向きを揃えて、お札の顔が描かれている面(表)が中袋の裏側にくるようにいれます。

この時、お札の顔が袋の下側になるように入れるのがポイントです。

新盆見舞いに持っている際の服装は?

新盆見舞いを直接持参する場合の服装ですが、特別な理由がない限り「喪服」を着て伺います。

お盆シーズンは気温も高いため、「喪服でなくても良い」という場合もあるかと思います。

そのときは、男性であれば白い襟付きシャツに黒のスラックス、女性であれば黒いワンピースなど地味できちんとした服装を着用するのがマナーです。

新盆見舞いの挨拶は?

新盆供養に招かれている場合と、そうでない場合で違ってまいります。

時間があれば別ですが、新盆には供養に訪れる方が多いため、挨拶は簡潔に伝えると良いでしょう。

新盆法要に招かれた場合

「この度は新盆法要にお招きいただきありがとうございます。皆様とご供養をさせて頂きますので、本日はよろしくお願いいたします。」

新盆法要に招かれていない場合

「○○様の新盆のご供養をさせて頂きたくお伺いいたしました。どうぞよろしくお願いいたします。」

まとめ

新盆は故人の霊が初めて家に帰ってくる大事な行事ですよね。

故人を偲び、失礼がないよう基本的な事を抑えておけば安心です。

今回の内容が少しでもお役にたちましたら幸いです。