お月見

十五夜の意味や由来は?子どもでも理解出来るように簡単に説明します!


空が澄み渡り気温も、満月を眺めるにもちょうどいい季節になってきました。

せっかくの満月を眺めるなら「十五夜」が一番ですよね。

今年の十五夜は 2017年10月4日 水曜日 です。


でも、なぜ「十五夜」というものがあるのでしょうか?

十五夜の意味や由来についてご説明していきます。



十五夜の由来


一説によると、十五夜に月見をする風習は、平安時代頃に中国から伝わってきたとされます。

当時は貴族が月を見ながら詩を読むなどして楽しむ行事だったようですが、江戸時代頃には「十五夜」が一般庶民にも広まったとされています。


十五夜の意味


十五夜の意味ですが、一体どんな意味が込められているのでしょうか。

十五夜とは


十五夜とは、日本で現在の暦に変わる前に利用されていた「大陰太陽暦(旧暦)」の8月15日の近辺で満月がでる夜のことです。

月が空に見えなくなった状態(新月)から満月になるまでの日数が15日かかる事から「十五夜」は「満月の夜」という意味になっています。


現在の暦は、太陽の周期から一年を導き出した「太陽暦」が採用されていますが、それ以前は「月の周期」で1年を導き出した「陰暦(旧歴)」が採用されていました。

旧暦は

・春 1~3月
・夏 4~6月
・秋 7~9月
・冬 10~12月

とされているため、現在の暦と一ヶ月程度のズレが出てしまいます。

そのため、現在では「十五夜」は9月の半ば~10月上旬ごろになる事が多く、今年は「2017年10月4日 水曜日」なんですね。

十五夜の満月には他にも呼び方があるのは知っていますか?

他の呼び名には

・「中秋の名月
・「芋名月

というものがあるんです。


「中秋の名月」と呼ばれる理由は、旧暦の8月15日が秋のちょうど真ん中に当たることから、「十五夜の満月」を「中秋の名月」と呼ぶようになったそうです。

「芋名月」と呼ばれる理由ですが、「十五夜」の時期が里芋の収穫時期でもあり、月見に里芋をお供えして作物の豊穣を祈り収穫を祝ったことから、「十五夜の満月」を「芋名月」と呼ばれるようになったそうです。

昔の人は、自然に感謝する気持ちがとても強かったんでしょうね。自然からの恵みに感謝し、季節の行事を大切にする姿勢を見習わなきゃなと改めて思いました。


十五夜に団子やススキをお供えするのはなぜ?


十五夜に団子やススキをお供えするのはなぜでしょうか?

団子をお供えする理由について


それは、「芋名月」でも触れましたが「十五夜」は農作物の収穫時期。収穫したお米から作るられた米粉で「団子」を作ってお供えすることで、お月様に作物の収穫を感謝し五穀豊穣を願ったとされています。

また、「団子」が丸いのは満月を表しているとも言われています。

旧暦は「月の軌道」によって日にちが決められていたため、昔の人にとっては月はとても大切な存在だったのでしょうね。

ススキをお供えする理由について


稲穂に似たススキは神様が憑依すると考えられていました。

また、ススキには魔除けの効果もあると信じられていたため、「十五夜」に団子と一緒にススキを飾る事で、作物の収穫が災害や病気から守られて無事に終わるようにと願いが込められていたのです。

十五夜の満月にウサギが出てくるのはなでしょうか?


十五夜の満月には「うさぎ」もよく登場しますが、なぜ「十五夜」お月様に「うさぎ」が出てくるようになったのでしょうか。

それは、インドの仏教説話集ジャータカ物語にある「兎(うさぎ)の話」が由来という説です。

「兎の話」とは、良い行いは後世にも残る事なので、自分の身を惜しまずに良いことをする事は大切な事であると説く話です。

その話では、ウサギは他人のために良いことを行う決意をします。それが、お腹がすいてウサギ(自分)の肉を食べたがる人がいたら、この身を捧げようというもの。

その決意を知った天国にいる天の王はうさぎの決意に驚き、本当に正直な気持ちなのか試してみることにしました。

乞食のふりをし天の王はウサギに「なにか食べるものをもらえないか」訊ねました。するとうさぎは「それでは、火を燃やしてください」と乞食のふりをし天の王に言ったのです。

乞食のふりをした天の王は、自分の力で燃えない火をおこしました。そうとは知らないウサギはその火の中に飛び込みましたが、燃えませんでした。

そこで、乞食のふりをした天の王は「うさぎの決意を確かめるために来た」事を告げ、人の為に良いことをする事の大切さを後世に知らせるため、月にウサギの形を描いたというお話でした。

この「兎の話」によって、月とうさぎの関係が出来たのではとされています。


子どもに十五夜を簡単に説明するなら


十五夜を子どもに簡単に説明するなら、こんな感じはいかがでしょうか。

「十五夜は、お月様 にお団子やススキをお供えして、食べ物がいっぱい育ちますようにとお願いするのと、お米とかをたくさん作る事が出来てありがとうございます。と月を見ながらお祝いする日なんだよ。」


まとめ


今年の十五夜は2017年10月4日 水曜日です。

十五夜の意味や由来を知る事で、月見鑑賞もまた一味違ったものになるのではないでしょうか。

何よりも天候に恵まれて素敵な月見鑑賞になる事を祈るばかりです。