雑学

「生かす」と「活かす」の違いは?履歴書に書くならどっち?

履歴書

履歴書

大学4年生の時に就職活動で自分をアピールするために、長所を生かすべきか、短所を活かすべきか迷った事があります。

長所は 「10年続けたバスケットボールの部活動の事」、短所は 「背の低さをコンプレックスとして抱えている事」です。

その時は、「短所のアピール」→長所を絡めて「短所をいかに克服して乗り越えたか」を履歴書に書いたのですが、その時に迷ったのが漢字の「生かす」と「活かす」の違いでした。

どっちの漢字を履歴書に書けば良いのか悩んで、色々調べましたのでご紹介いたします。



生かすと活かすの違いとは


自宅にあった国語辞典で「いかす」の意味を調べたところ、

  • 死にかかったものや弱ったものを生きるようにすること。よみがえらせること。
  • 効き目のあるように使うこと。活用すること。
  • 生きながらえさせること。

  • でした。

    「生かす」と書いても、「活かす」と書いても意味は同じだったのです。

    では、生かすと活かすの違いはどこにあるのでしょうか?

    それは、「常用漢字」であるか、「常用外漢字」であるかの違いでした。

  • 生かす ・・ 常用漢字

  • 活かす ・・ 常用外漢字


  • 常用漢字とは、政府が日常生活において現代の国語を書き表す場合に目安となる漢字を選定したものになります。常用漢字をまとめた一覧表を「常用漢字表」といいます。

    「常用漢字表」に載っていない漢字は「常用外漢字」となります。

    同じ意味の「生かす」と「活かす」の場合、日常生活において書き表すなら政府としては 「生かす」を一般的に使う事を定めています

    ただし、常用漢字表の中でも触れられていますが、常用漢字が正しく、常用漢字外が間違っているというわけではないようです。あくまで、一般生活内で表記するなら「常用漢字」が望ましいとしているだけなのです。

    これは、法令や公用文書、ニュースなどの放送・新聞での表記としての目安としていますが、個人が書く文章まで強制するようなことはないとしています。


    「生かす」と「活かす」のどちらを履歴書で書けばいいの?


    もし、どちらを書いていいか迷った場合は常用漢字である「生かす」を使うと間違いはないでしょう。

    しかし、履歴書では過去の活動から得た経験や知識などをアピールするために、「生かす」と「活かす」のどちらを書けばいいのか迷っているはず。

    その場合は、漢字の持つイメージに着目して決めるのもいいのではと考えます。

    「生かす」の「生」のイメージとは


    常用漢字の「生かす」の「生」ですが、この漢字を使った別の言葉として

  • 生命(せいめい)  ・・ いのち。生物が生物として存在できる、もとの力。
  • 殺生(せっしょう) ・・ 生き物を殺すこと。ひどく苦しめる事。
  • 生死(せいし)   ・・ 生きることと死ぬこと。

  • があります。

    「生」の漢字には、命に直結する言葉が多くあるため、言葉の重みというか落ち着きのようなものを感じます。常用漢字にも「生かす」が採用されていますので、ルールを重んじ誠実な印象を与えるのではないでしょうか。

    「活かす」の「活」のイメージとは


    常用外漢字の「活かす」の「活」ですが、この漢字を使った別の言葉として

  • 活動(かつどう) ・・ さかんに動くこと。
  • 活躍(かつやく) ・・ さかんに活動し成果をあげること。
  • 快活(かいかつ) ・・ 気持ちが明るくハキハキして元気のよいこと。
  • 活発(かっぱつ) ・・ 動きなどが生き生きして元気のよいようす。

  • があります。

    「活」には元気さや活動的で「生き生き」したイメージの言葉が多く、若さを感じる印象ではないでしょうか。

    履歴書で「いかす」を漢字で書く場合に「生かす」も「活かす」も同じ意味のため、文字としての正確さを重視したり、漢字の持つ印象やイメージを重視したりと自分の考えに沿って決めていけばよいと思います。

    まとめ


    特別な理由がなく「いかす」の漢字に迷った場合は、常用漢字 の「生かす」を書けば安心でしょう。また、公務員やマスコミ関係を志望している場合は、常用漢字を使う方が良いかと思います。

    当時の私の履歴書ではあえて「活かす」を使いました。新卒採用のため、生き生きとして活発な印象をすこしでも持ってもらいたくて。(笑)幸い書類選考と集団面接を合格し、2次試験を受ける前に他社から内定が出たため、その会社には断りの連絡を入れました。

    採用試験や面接のための履歴書は小さなことでも気になりますよね。少しでもここに書いた内容がお役に立てれば幸いです。