行事

2017年の秋彼岸の入りはいつ?春彼岸やお盆のお墓参りとの違いは?

お墓参り

お墓参り
お盆の時期になると毎年お墓参りに行くのが家族の恒例行事です。

しかし、今年は親族の新盆見舞いと重なってしまい、お盆のお墓参りに行くことは出来なくなりました。

秋の彼岸入りに合わせてお墓参りの予定を立てるつもりですが、そもそも今年(2017年)の秋の彼岸入りはいつなのか?

春と秋で彼岸に違いがあるのか、通常お盆と秋彼岸のどっちにお墓参りするのがいいのか?気になったので調べてみましたので、ご紹介いたします。



2017年の秋の彼岸入りはいつ?


今年の秋の彼岸入りは「2017年9月20日(水)」です。

秋の彼岸の時期は、秋分の日を中日として前3日と後ろ3日の計7日間となっています。2017年の秋分の日が9月23日のため、その3日前である9月20日が「秋の彼岸入り」となります。

秋分の日から3日後にあたる「9月26日」が今年の「彼岸明け」となります。

秋のお彼岸 7日間
  • 彼岸入り 9月20日(水)
  • 中日(秋分の日) 9月23日(土)
  • 彼岸明け 9月26日(火)


  • 既に、過ぎておりますが、春彼岸も秋彼岸同様に春分の日を中日として前後合わせて7日間。今年の春彼岸は以下の時期でした。

    春のお彼岸 7日間
  • 彼岸入り 3月17日(金)
  • 中日(春分の日) 3月20日(月)
  • 彼岸明け 3月23日(木)


  • 秋彼岸と春彼岸の違いは?


    秋彼岸・春彼岸でもお墓参りに行きますが、違いはあるのでしょうか?その答えは、春分の日・秋分の日の意味に着目することで見えてきます。

    春分の日は、国民の祝日に関する法律の中で「自然をたたえ、生物をいつくしむ。」事を趣旨としていると明記されています。

    秋分の日は、国民の祝日に関する法律の中で「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ。」事を趣旨としていると明記されています。

    そもそも彼岸とは、仏教の考え方で「仏道の修行により煩悩(ぼんのう)を乗り越えた末の悟りに達した状態」のこと。三途の川を隔てて、現世を「此岸(しがん)」・三途の川を越えた世界を「彼岸(ひがん)」としています。

    そのため、お彼岸の時期には煩悩を乗り越え悟りに達するように仏道修行をする時期とされ、一般の方もこの期間にお祈りをする事で煩悩を払っていたと言われています。

    また、日本では昔から農作業前の春の時期に豊作祈願や自然への感謝をお祈りする風習があったことから、自然や神様へ感謝する気持ちがご先祖様への感謝に繋がり、お墓参りをするようになったのではという説もあるようです。

    秋分の日は、「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」ことを趣旨としているように、故人をしのぶ風習がそのまま現在も続いています。


    お盆とお彼岸、どっちにお墓参りすればいいの?違いはある?


    お盆と秋のお彼岸、お墓参りするならどっちがいいのでしょうか?また何か違いがあるのか気になるところではないでしょうか。

    お盆とお彼岸ともに共通しているのは「ご先祖様への供養」ですが、内容には多少の違いがあります。

    お盆のお墓参りとは


    お盆とは、あの世からご先祖様の霊がお墓を通じて自宅に戻ってくる頃とされています。お墓参りに行くのは、あの世から戻ってくるご先祖様をお迎えに行くため。

    「迎え火」を焚くのはご先祖様の霊が迷まわないようにとの思いからつけられています。「送り火は」お盆期間を過ぎてご先祖様の霊をあの世へと送り出すためのものなのです。


    秋彼岸のお墓参りとは


    お彼岸のお墓参りは、太陽が最も西に沈み日であることから、仏教では「あの世と現世がもっとも近づく日」とされ祖先の霊を供養するのに適した頃とされています。

    本来であれば、お墓参りに適しているのはお彼岸であると言えるのではないでしょうか。しかし、ご家庭や地域などの習慣もございますので、そこは各々の事情に合わせて問題ないかと思います。

    まとめ


    子どものころから何気なく毎年の恒例行事としてお盆のお墓参りをとらえていましたが、お盆とお彼岸のお墓参りに違いがある事に正直驚きました。

    現在は実家から遠くに離れた場所に住んでいるため、帰省のタイミングがお盆シーズンになってしまいます。お彼岸にお墓参りに行ったことはなかったため、少し反省しました。

    今年は彼岸入りに合わせて帰省して、お墓参りに行こうと思います。