水族館

浅虫水族館のイルカショーはここがすごい!時間は?どんな内容で、見るときの注意点は?

浅虫水族館



本州最北端にある水族館が浅虫水族館です。

中々遊びに連れて行ってあげられない子供に、何か思い出に残るプレゼントをしたいと考えているなら浅虫水族館のイルカショーをプレゼントするのはいかがでしょうか?

子どもも大人も一緒に楽しむことが出来るのが、イルカショーの最大のポイント。

浅虫水族館で行われているイルカショーもとても素敵ですので紹介したいと思います。



浅虫水族館のイルカショーはいつやっているの?


浅虫水族館のイルカショーですが、毎日開催しています。

イルカショー自体は約20分。

時間帯も様々ありますので、ご紹介いたします。

  • 平日
  • 10:00、11:30、13:30、15:30 (計4回)

  • 土日祝
  • 10:00、11:30、13:00、14:30、16:00 (計5回)


※ 2019年6月時点のスケジュールです。変更になっている場合もありますので、ご注意ください。


イルカショーでどんなショーが行われている?


イルカのショーですが、室内プールで行われるので天候に左右される事もなくいつでも安心してみる事が出来ます

室内ならではなのが、ショーの開宴前はイルカのプール前に垂れ幕が下りていてプールの状況をうかがい知ることは出来ません。

ですが、待っている間に観客が飽きないように垂れ幕に観客席が映し出されるため、自分が映し出されると自然と手を振ってしまうんですよね。

時間になると浅虫水族館のテーマソングとちょっとした浅虫水族館と絡めたイルカのアニメが流れ始めて、観客の注意をひきます。

そして、幕が上がるといよいよイルカショーのスタートです。

でも、イルカショーといえば派手なジャンプや回転などを思い浮かべますが、浅虫水族館のイルカショーの最初はイルカの話から!

そこで、教えられた内容が

イルカの豆知識

  • 4000万年前のイルカは陸上で生活していて、4足歩行だった。
  • 進化の過程でからだの形が変わったが、肩・腕・指の骨が今でもある。
  • 昔は体毛もあったが、今は無くなった。
  • 尾びれは尻尾が進化した部分で、筋肉がものすごく発達している。
  • 時速30~40キロメートルの速さで泳ぐことが出来る。
  • イルカは水中では息をする事が出来ない。
  • 海面に上がってきて息をしなければならないので、頭のてっぺんに鼻の穴がくるように進化した。
  • イルカの鼻の穴は頭のてっぺんにある。


などを教えてもらいながら、イルカが早く泳いで見せたり、水中で鼻の穴から息を出してみたりしながら実演をするところがまた可愛らしいんですよ。

もちろん、イルカショーの目玉であるイルカのダイナミックな動きは圧巻。

2種類の4頭のイルカが勢いよくプールを泳ぎながら、飼育員の指示で天井に向かってジャンプしたり、回転しながらのジャンプだったり迫力満点です。

また、観客もちょっと参加するような場面もあります

大きな風船ボールをプールに投げ込み、そのボールをイルカが頭で跳ね上げ観客席に投げ込みます。
観客は飛んできたボールをみんなで跳ね返しながら、またボールをプールに返すようなアトラクションも子供には大ウケでした。

イルカの知識も身につけられて、観客と一体になりながら進むイルカショーなのでとても楽しい時間を過ごせると思います。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5318332950220252"
data-ad-slot="8821008322"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">


イルカショーの特別席とは

イルカショーは通常客席から見る分には入場料以外の料金は一切かかりません。

しかし、イルカショー毎に人数限定で別途2000円を払うと、イルカショーが行われているプールステージ内に作られた特等席からイルカショーを見る事が出来るんです。

イルカに指示を出す飼育員の方と同じステージ上にあり、イルカもショーの中でそのステージの端から端へ滑っていたので、本当に目の前にイルカがいる状態です。

しかも、イルカのショーの終わりに特等席の方たちにイルカが尾びれを振って挨拶もしていましたので、特別感も感じられる席になっていましたね。

子どもに素敵な思い出をプレゼントしたいと考えているなら、この特等席でのイルカショーはオススメです。

イルカショーを見る上での注意点


イルカショーではイルカたちが空高くジャンプを繰り返します。

そのため、当然ですがプールに落下してきたときに大量の水しぶきが観客席内にも飛んでくることもあります。

最前列にはビニールシートで水しぶきをガードするようなものは置いてありますが、服が濡れてしまうのが心配な方は十分注意してくださいね。

ちなみに、端の方で前から4~5列目で見た時は、水がかかるようなことは全然ありませんでした。


まとめ


設備は決して新しいわけではなく、水族館の規模も大きいわけではありませんが、イルカショーはとても楽しい時間であっという間でした。

浅虫水族館は青森駅から車で40分程度で付きますので、時間があれば是非行ってみる事をおすすめいたします。